差し歯とインプラント

インプラント以外にも欠損した歯の部分を埋める治療法があり、その一つが差し歯です。
よく差し歯とインプラント治療を混同されている方がいらっしゃいますが、治療方法が異なります。

 

インプラント治療は歯の根っことなるインプラントをあごの骨に埋め込んで、インプラントと骨を結合させてしっかりとした土台を作ってから、上に人工の歯を取り付ける治療方法です。

 

一方で差し歯とは、歯を差し込むことで欠損した歯の代わりを作る治療法となります。
インプラントとの決定的な違いは、幅広い欠損に対応できないことです。

 

インプラントは歯の根となる土台から作り上げるのに対して、差し歯は残っている歯の根っこに対して差し込んで人工の歯を作る方法です。
つまり歯の根っこや一部が残っていなければ差し歯治療はできなくなってしまうのです。

 

歯が抜けたので単純に差し歯治療をしてもらえばよいと考える方もいらっしゃいますが、人工歯を定着させるためには、元の歯の土台が不可欠です。
それがなければ人工の歯を差し込むことができませんので、差し歯での治療は難しくなるのです。

 

一方でインプラント治療は歯の土台から作るため、例え歯の根っこが残っていない場合でも治療を受けられます。

 

保険適用の点でも違いがあります。
差し歯治療を受けるときは健康保険が適用されるため患者さんの負担は少なくて済むのですが、インプラント治療は完全自費扱いとなりますので治療費が高くなってしまいます。

 

しかしながら歯の根っこが残っていない時はインプラントで対応するしか選択肢がないこともあります。

差し歯の種類について

欠損した歯を補う方法として差し歯治療も一般的な方法なのですが、被せる差し歯の種類もいくつか選ぶことができるのです。

 

差し歯は基本的には歯が欠損していてもその根っこや一部が残っている場合は、その部分に人工の歯を差し込んで欠損部分を補う治療方法です。

 

インプラント治療と差し歯治療を比較して、保険適用が可能な差し歯治療を選ばれる方もいらっしゃいますが、選ぶ種類によっては保険の適用外となることがあるのです。

 

健康保険が適用される差し歯の種類は、レジン(プラスチック製)の差し歯となります。
ただしこのレジンの差し歯を選んだ場合でも、全ての歯に対して健康保険が適用されるのではなく、前歯と犬歯のみに対応しています。

 

奥歯を差し歯にする場合は保険の適用外となってしまいますので事前によく歯科医師に説明をしてもらうと安心です。

 

レジンは健康保険が適用されて負担が少ないのがメリットなのですが、長年使用していると黄ばんできて汚く見えてきますし、素材自体が頑丈ではないため使用により段々削れてきます。

 

一方で保険適用できない素材がセラミックです。
見た目もきれいですし、長年経過しても白い美しい状態を保てます。
しかしながら陶磁器と同じ素材ですから強い圧力がかかると割れてしまうことがあるため、大きな負担のかかる奥歯の欠損部分をカバーするには適さないと言えます。

 

他にも色々な種類がありそれぞれの素材によって保険が適用されるかも変わってきますし、価格も異なります。

 

更新履歴